靴下の移り変わり

ユニクロと無印で勝負

無印良品からも発売されている

ユニクロで販売されているベリーショートソックスが絶賛大ヒット中、という言葉を聞いて待ったをかける人もいます。ユニクロを挙げるなら、対抗馬として無印良品で販売されているものも負けてはいないという人もいる。コスパ的にも安上がりで話題沸騰、安全安心な品質でどんな商品を買っても納得できる無印良品でベリーショートソックスを買ったほうが良い、そう強く主張する人がいるとします。

個人的な意見を言わせてもらうと、ユニクロと無印良品ではどちらが高級かと言わせてもらえば前者ではなく後者だ。姉には流石にこの対比をしたらどちらが良いかという意見こそ聞き忘れたが、筆者的には無印良品の方が高級感があると踏んでいる。

元々無印良品については筆者もかなりマニアな部分がある、というのもかつて勤めていた勤務先では無印良品の店舗が目の前にあったので、休憩中は度々足を運んでいたからだ。その折に衣類なども見ていたが、値段の割にはしっかりしていると毎度思ったものです。同時に、ユニクロと比較すると買いづらさもあるとどこか気後れした部分も少なからず感じた。それが高級感から来ていたのかは分からないが、ユニクロと無印良品では筆者的に前者の方が買いやすいと踏んでいる。

しかし商品クオリティとしては両者ともに安心して購入できると言っていいでしょう。

品質面からすると

ではユニクロと無印良品ではどちらが良いかと尋ねられたら、中々難しい問題だ。こればっかりはその人の趣味志向にもよりますが、後は販売されている商品のデザイン、さらに商品の大きさといった些細な部分が天秤を傾かせる材料といえる。それともう一つは身近な場所で一番近いのはどちらか、というのも影響している。

例えばユニクロと無印良品、立地条件として同じ街に両方あるとする。どちらをどういう頻度で、毎日どの時間にどのタイミングで訪れるのかでまた変わってきます。筆者が無印良品によく足を運んでいたのは、職場から近かったからが大きい。なにせ徒歩0分だ、目と鼻の先にあったので利便性は申し分ない。一方でユニクロはというと、歩いて数分の複合商業施設内の7Fと、中々遠いところに位置している。時間に余裕があって、ユニクロでしか買えないようなものを買いに行く場合なら面倒くさいとは思わないが、限られた時間で訪れるとなったらやはり近いほうが優先されます。

休日に利用する際にはどちらも利用できる、やはり焦点は仕事帰りなどを想定した『平日での利用』が鍵だ。夜、閉店時間もそろそろ間近に迫ってきているとしたら、やはり近場のお店へ足を運ぶものです。どうしてもその店でなくてはダメだという動機でもなければ、若干遠いところも足を運びますが、基本近場の類似店舗で妥協するものです。

スーパーのように特売品が店舗事によって違うといった特徴がないので、衣類の購入になると値段の差異はあまり参考にはならない。

他の要素として

近いから利用する、というのがどこか納得出来ない理由だと感じるのであれば、他にはこういう点で買うところを決めるのもありだ。

デザイン重視で
ベリーショートソックス1つ取っても、ブランドと取り扱っている企業で微妙にデザインは異なるものだ。似ているようで似ていない、微妙に違っているところを鑑みて、自分の好みかどうかを判断基準にするといい。ユニクロにしても無印良品にしても、一定のデザイナーが制作しているので個性が出ている。分からないというなら、それこそ運任せでいい。
色選びで
些細なデザイン違いなんて一々見比べていられるかと、そう言う人もいるでしょう。なら次にどちらにしたら良いかと尋ねられたら、色で決めるというのはどうか。無印良品の場合、ブランド方針として『シンプルさ』がウリとなっている。そのためシックなカラーの商品を主としているので、色のバリエーションはさほど多くはありません。
対してユニクロの場合、ベリーショートソックス1つ、メンズ用かレディース用かを比較するだけでも、カラーの豊富さは圧倒的だ。訪れる度に次はどれにするかと、なるべくかぶらないで色々な色合いのソックスを買いたくなるような、そんな人にはおすすめです。

好みの問題

ここまで来るとどちらが良いかといえば、どちらも良いというのが本音だ。後は自分がどちらで普段から買物をするか、毎日訪れると想定したらどっちが自分的に都合がいいかで決めると良い。特に無印良品は衣類だけでなく家具を始め、飲食物や文具品なども多数扱っている。そういったものも含めて普段から無印良品で買っているなら、わざわざユニクロに足を運ぶ必要はないでしょう。ですがたまには違った色の靴下を買ってみても良いかもしれない、と思ったらユニクロへ言ってみると良い。

色とデザインの種類に関しては無印良品とは比較にならない多さなので、どんなものが欲しいのかと考えた上でユニクロか無印良品、どちらにするか判断しよう。まぁどちらも、高級品といえば高級品なので、もっと安く買いたいというならし〇〇らへ足を運ぶしかない。

靴下の移り変わり